草取りや剪定、抜根は業者に依頼をして野球場を管理しよう

野球場の安全と美観を守るには雑草や木の対策が必要 野球場の安全と美観を守るには雑草や木の対策が必要

野球場の面倒な草取り~広範囲の雑草はプロが処理~

野球場

野球場は面積が広範囲に及ぶため、管理者だけで草取りなどを行なうことはとても難しいと言えます。広範囲の草取りは、プロである業者に依頼すると効率良く行なえるでしょう。

野球場の草取りは重労働

草取りを自分で行なった場合、コストはかからず好きな日やペースで作業できます。しかし、野球場のような範囲が広い場合での草取りはとても重労働です。草刈り機などを使う方法もありますが、それでも個人では時間がかかりますし、それだけではなく作業が終わった後の刈った草の処分も全て自分で行なわなくてはならず、面倒に感じるでしょう。

野球場管理者の声

4,000坪もある野球場を1人で管理するのは大変です。(50代/渡辺さん)

野球場の管理人をしている者です。私が管理する野球場はおよそ4,000坪あり、周辺の草取りをするのはとても大変だし面倒と感じていました。少年野球のチームが定期的に手伝ってはくれるものの、それでも1日で全て終わるということがありません。そして、何日もかけてやっているせいか、最初に雑草を抜いたスペースから、また雑草が生え始めてきてしまいます…。

業者は高いが効果は抜群

管理者1人で野球場の草取りを全て行なうのはとても難しいものです。しかし、業者に頼むことでコストはかかってしまいますが、その分広範囲の草取りがすぐに終わりますし、プロによる草取りなので効果はかなり高いです。また、業者が作業を行なっている時に他の仕事等ができますし、刈り取った草も全て処分してくれるので、面倒なことが一切ありません。

剪定作業で野球場が明るくなる~必要ない木を抜く~

野球場周辺に木を植えているところも多いですが、あまりにも木が生えすぎている状態や、枝が伸び放題という状態だと野球場周辺も暗く感じてしまいます。明るい野球場にするためにも、剪定や抜根を行ないましょう。

野球場の木も剪定が必要

剪定

野球場の木は、プレイに支障をきたさないよう、ある程度離されている場合が多いですが、それでも剪定をしないと広がった枝と枝同士がぶつかって風通しが悪くなってしまいます。こうなると、空気が篭もりやすくなって病害虫が発生する原因になるのです。さらには、木の成長が悪くなり、病気になって枯れてしまうこともあるでしょう。そういったことにならないためにも、剪定も行なうようにしてください。

剪定で得られるメリット

空気循環が良くなる
剪定されていないと空気循環が悪くなってしまいます。剪定を行なうことによって、空気循環が良くなり、病害虫の発生も抑えられるでしょう。また、子供たちはもちろん、監督や保護者なども心地よく野球に参加することができます。
治安が良くなる
木の剪定をすることで、犯罪を防ぐ力も出てきます。例えば、剪定がされていないと犯罪者が木の陰に隠れやすくなり、夜遅くまで練習している子供を待ち伏せして危害を与えてしまう可能性もあります。死角を作らないように、剪定を行なっておくことでこうした犯罪を事前に防ぐことができるのです。

必要であれば伐採・抜根も依頼可能

野球場の木を剪定していると、もうすでに枯れてしまっていて、このままでは倒れてしまう可能性が高い木や邪魔になっている木なども見つかります。そういった場合は業者に伐採・抜根を依頼して、草取りと同様に行なってもらうようにしましょう。

TOPボタン